口内炎に似た病気 | 口内炎@完全ガイド[原因・薬・治療編]

口内炎に似た病気

口内炎ってほうっておけば普通だと1週間から10日ほどで治ってしまうもの。だから、たとえ口内炎にかかっても、特に病院にも行かず、薬も飲まず、食生活も特に変えず、治るのを待つだけ、という人も多いと思います。そんなに頻繁に口内炎にかからないのであればそれもいいですが、内臓の調子が悪いときには、その不調が口内炎として現れてくるものもありますし、口内炎が症状の一つとなる病気も色々あります。

そんな病気には糖尿病、潰瘍性大腸炎、尿毒症、白血病、ベーチェット秒などがあげられます。糖尿病は血液中の血糖値の値が上がってしまう病気。治療せずにほうっておくと、目が見えなくなたり、腎臓に障害が起こったり、神経障害が起こってきたりします。初期に発見できるといいのですが、初期の糖尿病はほとんど自覚症状がありません。だからついつい見逃してしまいがちですが、口内炎は糖尿病の初期症状の一つでもあるんです。

潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜に潰瘍やびらんができる病気。症状が重くなってきておこる合併症には目の病気や皮膚炎、関節炎などがあります。そんな色々ある合併症の一つが口内炎です。

尿毒症は、尿として体の外に排出されるべき廃棄物が上手く処理されず、血液の中に残ってしまう状態です。治療せずにほうっておくと、知力低下を引き起こしたり昏睡状態に陥ってしまうこともあります。また、重度の尿毒症になると、唾液の中に尿素が広がってアンモニアに変わり、そのアンモニアの刺激で口内炎ができてきます。

このように口内炎が何か重大な病気を示していることもたまにあります。口内炎が次から次へとできてくる、とか、治るのに2週間以上かかっている、などという場合には、念のためお医者さんで健康チェックを受けたほうがいいかも知れませんね。


スポンサード リンク



当サイト人気コンテンツ

・さまざまな原因@
口内炎が発生する原因はいろいろと考えられ、まだ十分に明らかにされていないところもありますが、一つのパターンとしては口腔内の粘膜部分に傷が生じ、そこに菌が居着いて・・・続きを読む

・治療薬は
口内炎の薬は、その形状から大きく分けて3種類に分けることができます。液体タイプの口内炎薬は、口内炎で炎症している患部に対する痛みが少なく、塗ったあとに口の中に違和・・・続きを読む

・大人との違いは (子供の口内炎)
口内炎は大人にも子供にもできるものですが、症状や原因が全て同じ、というわけではありません。例えば、子供は大人よりも抵抗力や免疫力が劣るもの。ですから、細菌やウィ・・・続きを読む


▲ページの上へ
Copyright (C) 2009-2012 口内炎@完全ガイド[原因・薬・治療編] All Rights Reserved.