バランスのよい食事 | 口内炎@完全ガイド[原因・薬・治療編]

バランスのよい食事

口内炎の予防に効果的なものの一つが、バランスの取れた食事です。口内炎の大きな原因の一つが、ウィルスや細菌です。口の中の細菌に感染して、あるいは口の中にできた小さな傷にウィルスが入り込んで炎症を起こす、というのは口内炎のでき方の一つ。でも、口の中に細菌がいても、小さな傷ができても、体の抵抗力がしっかりしていれば口内炎にかかる可能性は低くなります。ですから、抵抗力を高めるビタミンAやC、疲労を回復してくれるビタミンB群、それから体の調子を整えるミネラルも必要です。また、鉄分の不足も口内炎の原因になります。

■ビタミンAをや鉄分を多く含む食品には、ほうれん草・にんじん・かぼちゃなどの緑黄色野菜、
 それにレバーなどがあります。

■ビタミンCを多く含むものは、緑黄色野菜に加えてイチゴやキウイなどのフルーツがあります。

■ビタミンB群を多く含むものには、緑黄色野菜に加えてナッツ類や豚肉が挙げられます。

■昆布やわかめ・ひじきなどの海藻類はミネラルを多く含む食品です。

緑黄色野菜は様々なビタミンに鉄分も多く含む優良食品です。毎日の食事にぜひ取り入れたい食品です。

口内炎にかかってしまうと、痛みのせいもあって、ついつい食事がおろそかになりがちです。でも、それでは栄養のバランスは偏りっぱなし。口内炎の治りが悪くなってしまいます。口内炎になっているときだからこそ、バランスの取れた食事をしたいもの。少し味付けを薄くするとか、熱すぎたり冷たすぎるものを作らない、お豆腐などのやわらかめの食材を利用するなど工夫して、バランスの取れた食事を取るように心がけましょう。

足りない栄養素はサプリメントで、という手もありますが、サプリメントでは実際の食事から栄養分を取り入れるのと比べると、吸収の度合いが違ってきます。必要な栄養素は、できれば毎日の食事から摂れるようにしたいですね。


スポンサード リンク



当サイト人気コンテンツ

・さまざまな原因@
口内炎が発生する原因はいろいろと考えられ、まだ十分に明らかにされていないところもありますが、一つのパターンとしては口腔内の粘膜部分に傷が生じ、そこに菌が居着いて・・・続きを読む

・治療薬は
口内炎の薬は、その形状から大きく分けて3種類に分けることができます。液体タイプの口内炎薬は、口内炎で炎症している患部に対する痛みが少なく、塗ったあとに口の中に違和・・・続きを読む

・大人との違いは (子供の口内炎)
口内炎は大人にも子供にもできるものですが、症状や原因が全て同じ、というわけではありません。例えば、子供は大人よりも抵抗力や免疫力が劣るもの。ですから、細菌やウィ・・・続きを読む


▲ページの上へ
Copyright (C) 2009-2012 口内炎@完全ガイド[原因・薬・治療編] All Rights Reserved.