レーザーを使って治療 | 口内炎@完全ガイド[原因・薬・治療編]

レーザーを使って治療

レーザーは光が広がらずにまっすぐに進みます。このためエネルギーも広がらず、一点に集めることができます。身近なものでは、プレゼンテイションの時などに使う「レーザーポインター」やCDやDVDはレーザーを利用したものですし、美容外科の分野でもよく使われています。

レーザーでの治療というと、ほくろやしみ、色素沈着の除去なんかがすぐに思いつくと思いますが、もっと色々な種類の治療に使われています。例えば、口に関係したものですと、虫歯の治療や歯の質を強めること、歯周病や知覚過敏の治療それから歯の漂白や歯ぐきを白くしたり、と色々な治療や目的でレーザーは使われています。レーザーだと他の治療に比べて、痛みが少ない場合が多く、また殺菌や消毒の効果もあります。

そんなレーザーで治療できるもののひとつが、口内炎です。レーザー治療の効果は色々あります。炎症を抑える消炎効果、痛みを和らげる鎮痛効果、それから殺菌や消毒の効果もレーザー治療にはあります。また、口腔のすみのほうなど、治療しにくいところにできた口内炎も治療することが可能です。

昔は硝酸銀や硝酸銀水溶液が、患部を焼いて治療する方法として広く使われていました。しかし、硝酸銀には毒性があるので、口内炎を治療するどころか、反対に症状を悪化されてしまう場合もあったため、現在ではほとんど使われていません。代わりに出てきたのが、レーザー光を使って口内炎の患部を焼く方法です。患部をレーザー光で焼いた後は、レーザーの鎮痛効果もあって、かなり痛みが和らぎます。

口内炎の治療をしてくれる病院は色々あります。内臓の問題が原因で口内炎が起こる場合には、それに応じた病院に行く必要がありますし、皮膚科で治療を受けることもできます。そんな色々ある病院の中で、口内炎のレーザー治療を受けられるのは歯科医院です。


スポンサード リンク



当サイト人気コンテンツ

・さまざまな原因@
口内炎が発生する原因はいろいろと考えられ、まだ十分に明らかにされていないところもありますが、一つのパターンとしては口腔内の粘膜部分に傷が生じ、そこに菌が居着いて・・・続きを読む

・治療薬は
口内炎の薬は、その形状から大きく分けて3種類に分けることができます。液体タイプの口内炎薬は、口内炎で炎症している患部に対する痛みが少なく、塗ったあとに口の中に違和・・・続きを読む

・大人との違いは (子供の口内炎)
口内炎は大人にも子供にもできるものですが、症状や原因が全て同じ、というわけではありません。例えば、子供は大人よりも抵抗力や免疫力が劣るもの。ですから、細菌やウィ・・・続きを読む


▲ページの上へ
Copyright (C) 2009-2012 口内炎@完全ガイド[原因・薬・治療編] All Rights Reserved.