さまざまな原因2 | 口内炎@完全ガイド[原因・薬・治療編]

さまざまな原因A

口内炎の大部分は、菌が原因で発生しています。菌にもいろいろな種類と流入経路が存在しています。

最もかかる人の多いアフタ性口内炎は、ヘルペスウイルスの感染や全身性熱性疾患、とくにウイルス感染症が誘因となり発生することが多いので、ヘルペス性口内炎ということもあります。

あるいは、かび(真菌)の一種であるカンジダが口のなかに寄生すると、カンジダ性口内炎となる場合があります。とくにお年寄りに多くみられる現象ですが、若い人でも風邪を引いているときや疲労がたまっているときなど、抵抗力が落ちている状態のときはかかりやすくなります。とても極端なケースですが、死に至ることもある怖い病気である白血病の場合、白血球の中の顆粒球が薬剤の使用などで急激に減少する顆粒球減少症が生じます。

これはビタミンミネラルの栄養分が足りない状態、あるいは体調不良で抵抗力が落ちている状態に類似し、このことが原因で、口内炎の症状が出ることがあります。

とにかく、口内炎は健康のバロメーターとしても使えるので、口内炎がでたら自分の健康状態、生活態度などを今一度見直してみてはいかがでしょうか?。


スポンサード リンク



当サイト人気コンテンツ

・さまざまな原因@
口内炎が発生する原因はいろいろと考えられ、まだ十分に明らかにされていないところもありますが、一つのパターンとしては口腔内の粘膜部分に傷が生じ、そこに菌が居着いて・・・続きを読む

・治療薬は
口内炎の薬は、その形状から大きく分けて3種類に分けることができます。液体タイプの口内炎薬は、口内炎で炎症している患部に対する痛みが少なく、塗ったあとに口の中に違和・・・続きを読む

・大人との違いは (子供の口内炎)
口内炎は大人にも子供にもできるものですが、症状や原因が全て同じ、というわけではありません。例えば、子供は大人よりも抵抗力や免疫力が劣るもの。ですから、細菌やウィ・・・続きを読む


▲ページの上へ
Copyright (C) 2009-2012 口内炎@完全ガイド[原因・薬・治療編] All Rights Reserved.