民間療法1 | 口内炎@完全ガイド[原因・薬・治療編]

民間療法@

口内炎にはいろいろな種類があり、心配なら医師の診断を受けることが望まれますが、アフタ性口内炎などで一度診断してもらって治療したものが再発した場合は、家庭で手に入るもので治療してもいいかもしれません。

口内炎に効果があるとされている民間療法はいくつもあります。塩水を使う方法もその一つです。コップ一杯のぬるま湯に塩をスプーン一杯(5g〜10g程度)混ぜ入れ、溶かします。その塩水を口に含んで約一分間ゆすぎましょう。塩には殺菌効果があり、口内炎で細菌が繁殖していることによって起こっている炎症を鎮めてくれます。すこししみるかもしれませんが、苦痛でない程度に我慢してつづけてみましょう。

ほかには、ハーブを用いた方法もあります。これも塩水の方法と似ていて、ハーブ茶か、あるいはセージやタイムなどのハーブをお湯にいれさましたもので、口をゆすぐ方法で使います。ハーブには殺菌効果があるものもあり、また、ビタミンなどが含まれているものもあるので、口内炎の炎症を抑えるのに適しています。

いずれも安全かつ費用と手間がそれほどかからないものなので、手軽に試すことができます。


スポンサード リンク



当サイト人気コンテンツ

・さまざまな原因@
口内炎が発生する原因はいろいろと考えられ、まだ十分に明らかにされていないところもありますが、一つのパターンとしては口腔内の粘膜部分に傷が生じ、そこに菌が居着いて・・・続きを読む

・治療薬は
口内炎の薬は、その形状から大きく分けて3種類に分けることができます。液体タイプの口内炎薬は、口内炎で炎症している患部に対する痛みが少なく、塗ったあとに口の中に違和・・・続きを読む

・大人との違いは (子供の口内炎)
口内炎は大人にも子供にもできるものですが、症状や原因が全て同じ、というわけではありません。例えば、子供は大人よりも抵抗力や免疫力が劣るもの。ですから、細菌やウィ・・・続きを読む


▲ページの上へ
Copyright (C) 2009-2012 口内炎@完全ガイド[原因・薬・治療編] All Rights Reserved.