口内炎の種類1 | 口内炎@完全ガイド[原因・薬・治療編]

口内炎の種類@

口腔内に発生する、病原菌などの影響による粘膜部分の炎症はすべて口内炎と呼んでいますが、そのなかでもいくつかの種類にわけることができます。

口内炎のなかでも代表的なもので、もっとも多くのひとがかかっているのがアフタ性口内炎です。このアフタ性口内炎は、口腔内に一つまたは複数の炎症を起こし、炎症部分は痛みを伴います。境界が比較的はっきりしており、患部は大小さまざまですが、円形の黄白色の炎症を形成します。放置しておいても、最長で2週間程度で自然治癒してしまいますが、かかりやすい人はたびたび再発を繰り返すのが特徴です。原因として考えられているのは、いろいろありますが、細菌感染や免疫異常、栄養障害、胃腸障害が挙げられています。いずれにしても、これは内科的な要因によって自然発生する口内炎です。

それ以外には、咀嚼中に、歯で皮膚をかみ切ってしまうなど、物理的に損傷をうけて、そこに細菌があつまって化膿することによって口内炎が起こることがあります。また、このほかにもカンジダによって起こるものやヘルペスによるものなど、皮膚的な感染症の影響で口内炎が発生する場合もあります。

これらの口内炎は、長引いたり何度も再発することで患者にとってかなり負担を強いることもありますが、基本的に口腔内に限られているものであり、全身に影響するものではありません。


スポンサード リンク



当サイト人気コンテンツ

・さまざまな原因@
口内炎が発生する原因はいろいろと考えられ、まだ十分に明らかにされていないところもありますが、一つのパターンとしては口腔内の粘膜部分に傷が生じ、そこに菌が居着いて・・・続きを読む

・治療薬は
口内炎の薬は、その形状から大きく分けて3種類に分けることができます。液体タイプの口内炎薬は、口内炎で炎症している患部に対する痛みが少なく、塗ったあとに口の中に違和・・・続きを読む

・大人との違いは (子供の口内炎)
口内炎は大人にも子供にもできるものですが、症状や原因が全て同じ、というわけではありません。例えば、子供は大人よりも抵抗力や免疫力が劣るもの。ですから、細菌やウィ・・・続きを読む


▲ページの上へ
Copyright (C) 2009-2012 口内炎@完全ガイド[原因・薬・治療編] All Rights Reserved.